簡単!住まいの売却ガイド

株式会社アルゾホームの不動産売却マニュアル

当社ホームページに戻る

01.まずはご相談を

住まいの売却の基本は、まずはご相談から。

不動産の場合は立地条件や、建物の状態、その時々の相場の状況、時期(シーズン)、あるいは行政や商業施設などの将来的な進出・撤退などなど、、、、表面的には見えない様々な要因が付いてまわりますので、必ずしも現状で広告などにでているような相場がすべてだとは限りません。
さらに言えば、必ずしもすべての不動産業者がきちんとした「売れる値付け」を行っているとも限りません。(けっこうとんでもないものも中にはありますので…)

まずは、売却のご相談をしてください。
お客様の大事な資産をお預かりするわけですから、当社としても責任重大です。
けっして無理にお話を進めるということはけしてありません。

お客様の事情や市場動向などを考え、当社から 「今回の売却の計画は見送りましょう」とお話させていただくことさえあります。

お客様の売却のご事情は様々です。
まずは「不動産の売却」について話し合いましょう。

ほんとうに、その売却でいいのでしょうか?

売却にも人それぞれいろいろなパターンがあり、一概にこうだとは言えません。

たとえば、住み替えの場合などはタイミングが重要です。
売却を先にするのか、購入を先にするのか、では全く違ってきます。
どちらがいいかというのは、お客様それぞれの事情によって違ってきますので、こちらもご来社いただいてご相談いただくほかはありません。

さらには、転勤でどうしても手放さなければいけない場合、とくに期限のある場合は早期売却するための販売プランを立てなくてはなりません。
あるいは、売却せずに賃貸で出すという方法もありますし、または、安くなっても買取にて処分するというやり方もあります。

また、現在の住宅ローンの支払いが厳しくなってきた方、住み替えにより、楽になる場合がありますので、ぜひ弊社の不動産売却担当にご相談下さい。

以上のように、不動産売却にはいろいろあり、人生に密接にかかわる不動産の場合、一筋縄ではいきません。本当にお客様ごとに千差万別です。

まずは、当社まで売却のご相談をしてください。
お客様の大事な資産をお預かりするわけですから、当社としても責任重大です。
けっして無理にお話を進めるということはけしてありません。

お客様にとって、ベストな売却をお互いに探していきましょう。

昨今は悪質な業者による取引被害が後を絶ちません。
怪しいなと思ったら、それ以上詳しい相談などはしないようにしましょう。
あまりにもお客様に有利な甘い話には乗らないようにしましょう。

 

>> 次を見る ( 02.売却査定をする)

このページの上に戻る